那須・那須塩原地区を中心に在宅診療・訪問診療・訪問看護・往診。足腰が弱く通院が難しい、家族に迷惑をかけたくない、自宅で最期を迎えたい等々。在宅診療・訪問診療・往診の専門医

利用・費用について

利用・費用について

保険制度の違いと訪問看護

訪問看護サービスには、公的な保険制度の訪問看護と自費の訪問看護があります。

(1)介護保険の訪問看護(公的な保険制度)

  • →65歳以上で要支援・要介護と認定された方(40歳以上65歳未満は16特定疾患の方で、要支援・要介護と認定された方も該当)
  • 費用は原則、利用額の1割(支給限度額を超える分は自己負担)
  • 要介護度により支給限度額があります。
  • 保険給付の対象となるのは支給限度額で収まる回数、一回の訪問で最大90分まで。

 

(2)医療保険の訪問看護(公的な保険制度)

 (3)自費の訪問看護→年齢や疾患の種類による利用制限はありません。
       利用時間や回数にも制限はありません。費用は全額自己負担。

  (御注意)  要支援または要介護と認定された方は、(医療保険ではなく)介護保険を優先的に利用するよう制度上決められています。


介護保険の訪問看護と医療保険の訪問看護を同時に利用することはできません。
<医療保険の特例> 特別に重い病気・症状の方で、厚生労働大臣が定める疾病等の患者は週4回以上の訪問の利用が可能です。


厚生労働大臣が定める長時間の訪問を要する者は、週1回に限って1回90分を越える長時間の利用も可能です。

また、病状の悪化により医師から特別訪問看護指示書が交付された場合は、月に一回だけ最長14日連続の利用も可能です。 介護保険の要支援・要介護の認定を受けた方でも、次の条件に当てはまる方(特に重い病気の方)は医療保険の訪問看護をご利用になれます。

①介護保険における厚生労働大臣が定める疾病等の方
②病状の悪化により医師の特別指示(特別訪問看護指示書)が出されている方

お問い合わせはお気軽に! TEL 0287-73-5047

PAGETOP