急性膵炎重症度判定基準予後因子
原則として発症後48時間以内に判定することとし、以下の項目を各1点として合計したものを予後因子とする
1.Base excess <= -3mEq/l またはショック(収縮期血圧80以下)
2.PaO2 <= 60mmHg(room air) または人口呼吸管理を必要とする呼吸不全
3.BUN>=40mg/dl(またはCr>=2.0mg/dl) または乏尿(輸液後も1日尿量が400ml以下)
4.LDH>=基準値上限の2倍
5.血小板数<=10万/mm3
6.総Ca値<=7.5mg/dl
7.CRP>=15mg/dl
8.SIRS診断基準における要請項目数>=3
SIRS診断基準項目
  (1)体温>38℃あるいは<36℃
  (2)脈拍>90回/分
  (3)呼吸数>20回/分あるいはPaCO2<32mmHg
  (4)白血球数>12000/mm3もしくは<4000/mm3または10%超の幼若球の出現
9.年齢>=70歳
(厚生労働省難治性膵疾患調査研究班2008)