急性膵炎重症度判定基準:造影CTgrade
原則として発症後48時間以内に判定することとし、炎症の膵外進展度と、膵の造影不領域のスコアが、合計1点以下をGrade1,2点をGrade2,3点以上をGrade3とする。
(1)炎症の膵外進展度
前腎傍腔     : 0点
結腸間膜根部  : 1点
腎下極以遠  : 2点
(2)膵の造影不領域
膵を便宜的に3つの区域(膵頭部、膵体部、膵尾部)に分け、各区域に限局している場合、あるいは膵の周辺のみの場合:0点
                    2つの区域にかかる場合           : 1点
2つの区域全体をしめる、あるいはそれ以上の場合       : 2点
(厚生労働省難治性膵疾患調査研究班2008)