C型肝炎はほぼ無症状で経過し、肝硬変・肝臓がんを発症するまで気づかれないことが多くみられます。病院を受診された際に肝機能異常を認め、詳しく調べると診断されたり、手術・内視鏡検査前の血液検査がきっかけで判明します。 国内でC型肝炎キャリアは200万人ほど存在していると言われ、感染経路は血液を介してとなります。輸血前検査が改良されたこともあり、輸血による感染は著しく低下しています。一昔前はワクチン摂取の針を使い回しており、それも感染が広まった一因と考えられています。 通常の生活でウイルスが感染することはありませんが、髭剃りや歯ブラシを使いまわすと血液を介する事になり、感染の可能性が出てきます。感染者の血液と接触者の血液が接触した際の感染率は70%程で、多くのケースでは自己免疫でのウイルス排除は期待できません。 感染初期は軽度の熱が出るほどで、軽い風邪だと思い、見過ごされます。 ウイルスが肝臓に入り込むと、徐々に肝臓が破壊されていき、破壊された肝臓の細胞は修復しようと試みます。傷跡が硬くなると同様に肝臓も硬くなり、肝硬変という状態に近づいていきます。身体の具合が悪いと感じはめるのは、肝硬変にまで進行したときで、むくみ・黄疸・だるさ・全身のかゆみなど、様々な症状がでてきます。肝硬変になると基本的に後戻りはできません。つまり、肝硬変になる前の治療が重要となってきます。 また、肝臓は硬くなるに連れて、肝臓がんが発生しやすくなります。軽度の肝炎ならば年1%、中等度から高度になると年5%程度、肝硬変では年8%程度の発癌率となっています。肝臓がんについては別稿で記述しますが、放射線や抗癌剤など、新しい治療法も試みられています。また、肝臓が硬い程、治療の効き目が悪くなります。 ウイルスにも幾つかの型が知られており、ウイルス量と併せて治療法がかわります。 肝炎の治療法は①抗ウイルス療法(ウイルスを排除する治療法)と、②肝庇護療法(肝機能を落ち着かせ、肝硬変・肝臓がんの発症を抑制する)があります。抗ウイルス療法が強く勧められるのは、ALT30以上、もしくは血小板15万以下の方となります。 ①抗ウイルス療法 ウイルスの型が1型で、さらにウイルス量の多い方が、C型肝炎患者さんの多くを占めます(日本人ではC型肝炎の70%)。このタイプに対する治療は年々進歩しています。週一回のインターフェロン注射と、毎日の飲み薬を24週間続けることが標準治療となっています。ウイルス排除率は90%近くまで改善しており、C型肝炎は治る病気となっています。治療の副作用も改善されており、多くの方が治療を完遂できています。 また、他のタイプのウイルスでは、インターフェロン単独治療やインターフェロン・リバビリン内服の2剤併用療法などでも高率に治療効果が期待できます。 インターフェロンを用いない、飲み薬だけの治療法についても2014年7月に薬事承認が通りましたので、近々使用できるようになります。ただし、飲み薬のみの治療法は薬剤耐性という障壁があり、治療が失敗した際には次世代の治療に影響を及ぼす危険があります。肝臓の専門医と、よく相談されるのが宜しいかいと思います。 ②肝庇護(ひご)療法 肝機能を落ち着かせ、肝臓がんの発症を抑えることを目的としておこないます。 高齢であったり、インターフェロンの副作用に耐えられない方などに行います。内服(ウルソなど)、注射(強力ミノファーゲンなど)、漢方薬などで肝機能を低下させます。また、瀉血(血液をぬいて、鉄分を体外に排出します)療法を行うこともあります。半量のインターフェロンを週に一回ずつ注射し、肝機能を落ち着かせる方法もあります。半量であれば、インターフェロンの副作用はあまり目立ちません。 肝臓がん発症抑制には、肝疾患の有無を問わずコーヒー2カップ以上の飲用の有用性が報告されています。 C型肝炎のワクチンは開発されていませんが、近い将来の登場が期待されています(B型肝炎のワクチンはあります。医療従事者を中心に摂取されています)。 C型肝炎は気付かないうちに感染しています。一度は血液検査で調べる機会を持つことをお勧め致します。ウイルスに感染していても肝機能が正常なことも度々ありますので、一般の血液検査で気づかれないこともあります。お気をつけ下さい。また、保健センターでは無料で検査してもらえます。  

C型慢性肝炎における治療方針 初回治療例(2014年度) を表にしました。

C型慢性肝炎における治療方針 既治療例(2014年度)を表にしました。

肝疾患に関するお問合せは御気軽にどうぞ。

下図は肝臓がんのCT画像です。

HCC 1st phase