健康診断で血尿を指摘され、相談される事が多く、今回の投稿としました。見た目では血液が交じっていないのに、顕微鏡で血液が指摘されるケースもあります。血尿を指摘されたら、一度御相談されるのが宜しいかと思います。

血尿は、尿を作る腎臓や尿の通り道の重要な病気のサインです。悪性腫瘍(膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎盂癌)や、結石、膀胱炎などの炎症、腎炎、月経による血液の混入などがあります。

原因が分からない特発性血尿ということもありますが、定期的に検査を続けて癌が見つかることもあります。

私の経験としては、根気よく何度も尿検査を提出して頂き、顕微鏡で尿を観察していたら悪性腫瘍が見つかったという方がいます。約2㎝の単発の腎臓癌で、他臓器転移やリンパ節腫大もなく、無事に手術で完治となりました。血尿を指摘された際には、超音波検査・CT・採血(PSAなど)を行うことをお勧め致します。必要であれば泌尿器科や腎臓科など専門医への受診も促しております。