私は内科医ですが、患者さんに肩や膝、腰の痛みについての相談をよく受けます。

例えば、肩が挙がらない80台の方に方に「五十肩だよ。」と話すと喜ばれます。
幾つになっても病名は五十肩です。


関節の痛みに対しては、痛み止め内服、筋弛緩剤、湿布薬を処方し、安静・運動を組み合わせます。
痛みが改善しない、痛みが強い場合、肩・膝に対しては私は関節注射を行っています。


週に1回関節内にヒアルロン酸という薬液を注入し、痛みの緩和を図ります。痛みが強い時期にはステロイドを混ぜますと、痛みが速やかに取れますが、漫然とステロイドを使うと骨や軟骨に障害が出ますので注意が必要です。


関節の痛みで悩まれている方もお気軽に御相談下さい。